2009年9月

ハードディスクの容量と残容量について

ここ数年において、ハードディスクもパソコンの性能も著しく高速化になっているため、ハードディクスの容量も大きくなってきています。

しかし基本となっている構想については、年々変化するというものではありません。
そのため、ここを閲覧して頂いた方々にだけ教えたいと思います。
ハードディスクの容量の20%を残容量と残すようにします。
上記の事を守ることにより下記の事が起こりにくくなります。

・パソコンの起動が遅くなる現象
・固まる現象
・画面切り替えによる色彩のムラ
・ハードディスクの故障

Posted by kazusan | 2009年9月14日 12:03 |

ウェブページ

Calendar

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、aaa@@bbb.net よりお願いいたします。
※@は、1つ削除して下さい。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 ハードディスクの基礎知識とデータの復旧. All Rights Reserved.